プロフィール

柴田ともみ

一悟術ヒーリング1級
感情カウンセラー協会 認定感情カウンセラー
覚醒塾ティーチャー
自分らしく稼ぐ8ステップファシリテーター
薬剤師

大学卒業後、製薬会社の学術部で社員教育と医療関係者への情報提供に携わり、その後、整形外科病院で薬剤師として勤務、退職。
昭和39年生まれ、一男二女の母。大阪市在住。

第一子のアトピーをきっかけに桶谷式母乳育児、栄養学、食育を学びました。
第三子の妊娠・出産・育児期は夫婦関係や健康にトラブルが続き心身共につらい日々が続いたので、心と体の回復を目指して漢方と心理学を学びました。

その学びを深めていく中で一悟術と出会い、バーストラウマやインナーチャイルドなどの心の問題に向き合うことで状況を克服し、一悟術ヒーラーとなりました。
セッションでは、クライアントさんの自分らしさと現実の不一致を捉え、一致へ向かうようにサポートすることを心掛けています。

これからの人生は、自分らしく、やりたいことをやり、行きたいところへ行き、心も身体も喜ぶ生き方をして、しみじみとした幸せや生きている実感を深めていきたいと思います。

アメーバブログ:いちごのあさこち
コラム執筆メンバー:イチゴリズム~人生の問題を解決するあたらしいアイデア~

 

一悟術との出会い

3人目の子どもの妊娠直後から体調が悪く、流産や早産の恐れがあったので、出産ぎりぎりまで安静が必要な状態になりました。
その頃から夫婦関係も悪化して会話がなくなり、何かにつけ言い争いになり、精神的には家庭内別居のようになりました。

出産後も思うように動けない状態で、体重は38キロまで落ち、子ども3人を育てるのに必死で、肉体的にも精神的にもきつい状態が続きました。
3人目が乳離れした時に、この状態で生きていくのはつらいので何か生きがいになるものを見つけたいと思いました。

もともと薬剤師で、子どもを育てていく中で桶谷式母乳育児、食生活、栄養学などを学んだので、次は漢方をやってみようと思って5年間勉強しました。
漢方の勉強をしながらも、夫との関係が相変わらず良くなかったので心理学を学ぼうと民間の協会に2年通いました。

そこで出会った人の繋がりで、一悟術創術師のセミナーに参加しました。
大阪であったセミナーを全部受けて、創術師の当時のホームページも端から端までチェックしました。

心の問題としてのバーストラウマやインナーチャイルドをここで知りました。
生きづらさがバーストラウマやインナーチャイルドに起因していることを、文献を挙げながら説明していて、薬剤師で「根拠のない事は言えない」という科学の世界にいた私にとっては、論理的で納得のいく説明に人生の謎が解かれたように思え、一悟術ヒーリングを受けることを決心しました。

 

ヒーリングを受けてからの変化は?

ヒーリングの終了間近の頃、突然、異常なほど怒りが出てきて、人間嫌いになりました。
何でも話せる友人との交流も全部断ち切って、1か月ほど精神的な引きこもりになりました。

子どもがいたので家庭での母親としての役割はなんとか果たしましたが、それ以外は周りをシャットアウトしてほとんど話さない、会わない状態で、家を出るのは買い物くらいでした。
それが1か月ほど続いたある日、突然「もういいわ!やっぱり友人に会いたい。私はそうする!」と吹っ切れて気持ちが切り替わりました。

ヒーリングによってトラウマが解消され、それまで押し込めていた感情が出てきたのだと今ならわかりますが、同時は意味がわからず大変でした。
そして、ヒーリングが終わった時に、生まれて初めて「生きている!」と実感したのを覚えています。

夫との関係では、価値観の違いが大きくて、日常の会話もできない状態でしたが、ヒーリング受けたら「まあいいか」「仕方ないな…」という部分が増えてきました。

 

育児での変化は?

第一子が「お母さん変わったね、前は本当に怖かった」と言います。
第一子は親も神経質になるし、しつけは厳しくしました。

自分も両親から厳しく育てられたから、厳しいのが当たり前だと思っていましたし、それが子どものためだと思っていました。

立ち居振る舞いを身につける点では良い面もあったでしょうが、子どもにとっては、いつ叱られるか、しかも感情的に怒られるかわからない緊張した毎日だったと思います。
ヒーリング後は子どもに対して「一人の人間」という見方ができるようになり、過干渉や親の意見を押し付けたりしなくなりました。

例えば、「こういう事がしたい」と言ったら「ああ、そうなのね」と、まず受け止めることができ、子どもが「今日は学校へ行かない」と言い出しても、頭ごなしに「行きなさい!」と怒るより、「行きたくない」気持ちを考え、子どもに共感できることを尊重するようになりました。
このことは、第三子が中学校を登校拒否した時にとても役立ち、短期間で登校できるようになりました。

 

一悟術ヒーラーになった理由は?

ヒーリングを受けて心の問題に向き合っていくうちにもともと持っていたヒーリングの能力が開いてきたようでした。
私の友人は一悟術ヒーラーに会ったことはありましたが、相性が良くなかったらしく「ヒーリングは受けない」と言いました。

この友人は私がつらい時期にいつも寄り添い見守ってくれていたので、この友人にヒーリングを受けてもらうのが理由の1つです。
「私のヒーリングを受ける」と言ってくれる人がいるのなら、ヒーラーになる価値は充分にあると思えたのです。

理由の2つめは、自分の能力を適切に知ることが大切だと思ったからです。
友人とあるワークショップに行って対面で相手の呼吸と自分の呼吸を合わせるワークをしていたら、友人とその周囲の空間が変わったように見えました。

ワークが終わった後に友人が「ひじが痛い、ビリビリする」と言うのを聞いて、
「(能力を)使っちゃった」という感覚を初めて体験し、使っちゃった能力が何なのか、能力を使うか使わないかは別としてちゃんと知っておいたほうがいいと思いました。

3つめは根拠もなく、単純に「ヒーラーになったほうがいい」という直感です。

 

  1. 美と健康

    健康について語る2018年。一悟術メールマガジンのご案内
  2. ご感想

    子どもの能力を伸ばすために。基本解消ヒーリングコースのご感想④
  3. ご感想

    楽しく幸せになっていい!基本解消ヒーリングのご感想①
  4. アラフィフ

    アラフィフのファッション苦手さんはモノトーンより肌を明るく健康的に見せる色を。
  5. アラフィフ

    アラフィフから始める。超高齢社会を心満たされて過ごす心持ち
PAGE TOP