ご感想

子どもを伸ばすためには、母親は自分の人生を笑顔で送ればいい。一悟術ヒーリングのご感想⑬

未成年の方への一悟術ヒーリングは親御さんが一悟術ヒーリングを受けていることが前提となります。
というのも、親子関係の中でインナーチャイルドが形成されるので、子どもさんだけの問題ではないからです。

特に母親と子どもの心理的距離の近さが子どもに深く影響を及ぼします。
子どもは自分と同じものとしてして扱ってしまうのです。

子どもは、良くも悪くも親の顔色を見て育ちます。
いつの間にか、親の観念に縛られることとなります。
当然、親の枠から出ることができなくなっていきます。

子どもには好きな道を歩んでもらいたいと願う親にとって、子どもが親の枠から出られない状況はもどかしく思えます。
ですが、心理的には子どもが手の内にいると安心を感じるのも確かです。

母子同一の安定した状態になっているので、母親も子どももなかなかこの状態から抜け出せないのです。

今回ご紹介するお母さんは、トラウマがお互いを縛っていたところから抜け出て、母親には母親の人生があり、子どもには子どもの人生があるという境地に至ったようです。

子どもをひとりの人として見られるようになった時、お互いがお互いを認め尊重し、自由に好きな道に進める素地ができあがります。

それでは匿名さん(女性、50代)のご感想です。

一悟術ヒーリングを子どもに受けさせた動機

好きなことを見つけて、自分らしく自分の人生を歩んで欲しかったから
そのために、引っかかりになっているトラウマがあるなら、取り除いてあげたいと思ったから

 

ヒーリング前後の変化や感想

息子本人よりも母親である私の変化が大きかったように思います。
それまでのヒーリングで、息子との心理的な距離が離れて楽になっていましたが、一方で見なさすぎになっている部分もありました。
今は、息子を少し離れたところから観察して、変化を待つところでは待ち、自分でよく向き合ってもらいたい部分はこちらの感情を乗せずに話せるようになってきました。息子も落ち着いて話を聞き、自分なりに考えてくれることが増えました。

 

今後、子どもにどうあって欲しいか

嫌いなこと、苦手なことから逃げるのではなく、本当の意味で好きなことを選択していってくれることを願っています。
ヒーリングを受けるうちにわかってきたことは、「親が自分らしく人生を生きることが、こどもが自分らしく人生を生きることを後押しする」ということでした。
自分のため、そしてこどもを応援するため、私自身が自分らしく生きる模索を今後も続けていきたいと思っています。

 

一悟術士・柴田ともみの印象

誰の立場に立つこともなく、遠目にフラットに私たち親子を観察してくれて、気付かせてくれる存在です。

 

一悟術を誰かに勧めるとしたらどのような人に?

自立して生きたいと思う方、また、こどもにそう願う方に

 

関連記事

  1. アラフィフ

    アラフィフから始める。超高齢社会を心満たされて過ごす心持ち

    東京オリンピック1964年に生まれた私はアラフィフど真ん中です。再…

  2. ご感想

    体調不良と不安感が軽減した。一悟術ヒーリングのご感想⑦

    過去生ヒーリングを受けて、体調不良と不安感が軽減したというご感想をいた…

  3. ご感想

    アラフィフは人生の岐路。一悟術ヒーリングのご感想⑨

    知り合って長いけれど、おつきあいはそれほど深くなかった友人が基本解消ヒ…

  4. ご感想

    子どもの能力を伸ばすためにはまず親が変わる。一悟術ヒーリングのご感想④

    中学受験その後の親子関係で悩まれた方の基本解消ヒーリングのご感想です。…

  5. ご感想

    個別相談「予防接種」のご感想

    ヒーリングのことではないのですが、時折、個別相談をいただくことがありま…

  6. ご感想

    このまま年を取る危機感から受けました。一悟術ヒーリングのご感想⑪

    子どもの頃、親に遠慮して自分を我慢して生きざるを得ない環境で育つと、我…

最近の記事

PAGE TOP