アラフィフ

アラフィフ女子にひとり旅を勧める理由「自分の本音が見えてくる」

ひとり旅に出たことのない人にとっては旅に出ることは一大決心です。
行きたい気持ちと行くのが怖い、不安な気持ちがぶつかり合って、なかなか日程を決められないことがあります。

アラフィフ、ひとり旅という検索語で当サイト朝東風にご訪問くださる方がたくさんいらっしゃいます。

アラフィフからはひとり旅に出てみませんか。おひとり様、ぼっちは恥ずかしくも、寂しくも、悲しくもない。

この記事は当サイトで最もよく読まれている記事で、ひとり旅は関心が高いことが伺えます。
私はアラフィフからひとり旅に出ることをお勧めしています。
なぜなら、この年代は人生を折り返して自分を見つめるには最適なタイミングだと捉えているからです。

今回は、アラフィフに「ひとり旅」をお勧めする理由を書いてみました。
「ひとり旅」に行きたいけれど行けない背中をそっと押せたなら嬉しく思います。
旅でこんなことを発見しました、行ってきましたよなどのコメントやメッセージは大歓迎です。

人生の転機、ラストチャンスかもしれないアラフィフ

平成29年(2017年)簡易生命表によると、日本人の平均寿命は男性が81.09歳、女性が87.26歳です。
アラフィフは人生を折り返しています。
残りの人生を、半分しかないと思うか、半分もあると思うか。

20代30代と違って、50代は起きてくる問題が切実です。
年取ったなあという実感も、心に余裕がなくてため息が出るくらい深刻です。

穏やかな老後を迎えたいと思っても、その前に越えなければいけない壁が見えてきます。

更年期など体の変化

女性は特に「更年期」がやってきます。
「更年期」というのは閉経前後5年ほどの時期のことを指し、日常生活に支障が出る不定愁訴を更年期障害といいます。

体のホルモンバランスが大きく変わるこの時期、隠れていた病気も表に出てきやすくなります。
高血圧、糖尿病、動脈硬化、癌、心疾患…。

体力気力の衰えを実感します。
思うように体が動かない…。やる気がわかない…。

アラフィフからは友人知人、親戚の訃報も聞かれるようになり、「生きる」ことに向き合う場面が出てきます。

私は50歳になる年に高校の同窓会を開きました。
その時に恩師が「またねが言えない年になった」とおっしゃっていました。
まさに「また今度」「また次に」が言えなくなるのがアラフィフからなのです。

 

親の介護や老々介護

子育てを終えてホッとする、あるいは、仕事もほぼほぼ定年が見えてくるのがアラフィフです。
自分の老後に意識が向き出すタイミングですが、その前に立ちはだかるのが「親の介護」、さらには「老々介護」です。

アラフィフの親世代は70歳から90歳といったところでしょうか。
実際にすでに介護をなさっているアラフィフの方もいらっしゃることでしょう。
今は、ありがたいことに自立していてくれていても、この先に不安がないわけではありませんよね。

 

パートナーシップを見直すタイミング

「熟年離婚」という言葉はテレビドラマから生まれた言葉です。
でも、言い得ています。

長年続いてきた、何とか続いてきた夫婦関係が、定年や子どもの自立をきっかけに離婚へと向かうこともあります。
このままいくのか、改善するのか、別れるのか、立ち止まって考えてしまいます。

アラフィフでの婚活もみられます。
日本では3組に1組の夫婦が離婚するといわれています。
アラフィフから新しいパートナーを探すことも十分に考えられるし、それをとやかくいう世間ではなくなっています。

今のパートナーとこれからも人生を歩んでいく方にとっても老後のビションを見直すタイミングです。

 

これからどうしたいのか、本音が見えない

アラフィフは「これからの人生、このままでいいのか」と考えるタイミングなのですが、そうは言っても、これからどうしたいのかがすぐに答えられる人はそうそういません。

きっと貴女は、家庭では夫に尽くし、子どもに尽くし、舅姑に尽くし、会社では仕事に、上司・同僚に、自分のことは横に置いて尽くしてきたのではないしょう。

もしかすると、自分を我慢し続けていることに気がつかないまま毎日を必死で送っていたのかもしれません。

自分がやればスムーズに事が運ぶし面倒なことにならないと思い、やりたくない事を引き受けてしまうことはありませんか。
自分も休みたいのに、誰かの代わりに無理して動いていませんか。
食べたい物があるのに、誰かに合わせてメニューを選んでいませんか。

このような状態だと、自分を抑えつけるのが当たり前になります。

本音がわからなくなります。
見えなくなるのです。

 

心の傷や蓋をした感情が本音を見えなくしている

本音を見えなくしている原因に、生まれてから大人になるまでの間にできた心の傷や、その時に感じないようにしてしまった感情があります。

これらの多くは親子関係でできてしまいます。

子どもの願いは「親に愛されたい」です。
子どもは親との関係の中で、親の顔色を見ながら、どうやったら親から愛されるか考え行動します。
勉強をがんばったら親から褒められますよね。
褒められることは、親から自分を認めてもらえて愛されることだと思ってしまいます。

自分のやりたいことや好きなこと、つまり自分の欲求よりも親に合わせることを優先し、自分を我慢して親の想いに応えようとします

でも、欲求が満たされないと子どもの心は傷つき、つらいし、悲しいと感じます。
ひょっとすると怒りがあるのかもしれません。

でも、子どもはそんな感情を親に対して持つのはダメだと感情をないものにしてしまいがちです。
悲しすぎて、もうこんな悲しみな感じたくないと閉じてしまうこともあります。

思い出したくないので、時には記憶さえ捻じ曲げてしまいます。

大人になれば、この習慣が周りの人に対しても出てしまいます。
人間関係で自分の意見や希望が言えない、いつも周りの顔色を気にして堂々とふるまえない、遠慮してばかりということが起こってきます。

 

自分と向き合い、癒すにはひとり旅が良い

例えば、失恋して傷心旅行に行くのは何故でしょう。
失恋した時、誰かと一緒に騒いで気を紛らわせるのもありますが、本当に自分の心の傷を癒してくれるのは他の誰かではなく「自分自身」です。

傷心を抱えながら、何かに没頭して忘れようとしても、その作業はたった一人「自分自身」の作業です。
失恋で傷ついて様々な感情が湧いてきますよね。
それを感じていくことで感情は解放され、心の傷も癒え、失恋もひとつの思い出に変えることができるのです。

ひとり旅は癒しのプロセスを自然に後押ししてくれるものです。
そして、不思議なことに、今までの自分とは感覚が変わり、感性が開かれることがよくあります。

旅は非日常

旅の良さは何といっても「非日常」です。
行動、出会う人、食べ物、風土、すべてが日常とは違うものです。

この「非日常」の刺激が、貴女を揺り動かします。
心の奥に沈み込んでいたものをそっと揺らし、何も考えなくても、何もしなくても、そこにいるだけで自分が解放されていきます。
日常に疲れて見失ったものを取り戻そうとしてくれます。

今までの自分とは感覚が変わり、感性が開かれるのは「非日常」の刺激があるからです。

ひとり旅は自分最優先

もうひとつ。
ひとり旅は、自分主体です。

「自分を大切にする、優先することはワガママなこと」だと思って、周囲に遠慮したり気兼ねしたりしてしまう人にとっては、すべてが自分最優先になるのです。
「自分」の旅です。

ワガママし放題です。
ワガママしていいんです。
ワガママしてください。

ワガママの仕方がわからなかったら、何でもいいからやってみてください。

今まで遠慮して我慢して生きてきた人は、そもそも自分が出せない人でしょう。
そんな人が、ワガママをやれと言われて思い切ったつもりでも、世間から見ればかわいいものです。
心配せずにやってみてください。

普段ならひとりで飲みきれなくて頼めないお酒も、飲みたいなら頼んでみてください。
露天風呂ひとり貸し切り!いいじゃないですか、借りちゃいましょう。

ワガママ(自分に禁じていたこと)は本当にやっちゃいけないことですか?
きっと違うと思いますよ。

自分を最優先にする体験を重ねることで本音が見えやすくなります。

 

まとめ

ひとり旅への関心は高まっているようです。
アラフィフは人生の後半戦をどう生きていくのか向き合うタイミングです。

自分の本音で生きたいところですが、本音が隠れたまま見えないことがよくあります。
子どもの頃の心の傷や、感じないようにしてきた感情がたくさんあると本音を隠してしまいます。

ひとり旅という非日常が刺激になり、心の傷や感情を癒すプロセスを自然に後押ししてくれます。
また、自分最優先をできるのがひとり旅です。
自分最優先は決してワガママなことではありません。

その体験を積むことで本音が見えやすくなります。

アラフィフの皆さん、ひとり旅に出かけませんか。
そして、自分の本音で、自分らしさで人生の後半戦を生きませんか。

関連記事

  1. アラフィフ

    北海道はパワースポットの宝庫!アラフィフひとり旅「道東・阿寒湖」

    北海道はどなたにとってもパワースポットの宝庫といえる自然豊かな土地です…

  2. アラフィフ

    お茶会「ストレスフリーになる方法by一悟術ヒーリング」6/21(金)@大阪府大阪市

    こんにちは。一悟術ヒーラー・薬剤師の柴田ともみです。私には…

  3. アラフィフ

    アラフィフから始める。超高齢社会を心満たされて過ごす心持ち

    東京オリンピック1964年に生まれた私はアラフィフど真ん中です。再…

  4. アラフィフ

    アラフィフのファッション苦手さんはモノトーンより肌を明るく健康的に見せる色を。

    アラフィフのファッション苦手さんへ。楽しめるようになるためのヒント(お…

  5. アラフィフ

    アラフィフのファッション苦手さんへ。楽しめるようになるためのヒント(お勧め本紹介あり)

    ファッションが苦手なアラフィフさんへ。私はファッションが不得意…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. ご感想

    子どもの能力を伸ばすためにはまず親が変わる。基本解消ヒーリングのご感想④
  2. アラフィフ

    アラフィフ女子にひとり旅を勧める理由「自分の本音が見えてくる」
  3. ご感想

    体調不良と不安感が軽減した。過去生ヒーリングのご感想③
  4. ご感想

    わが子に自分らしく人生を生きてほしいと願って。基本解消ヒーリングのご感想⑦
  5. アラフィフ

    お茶会「ストレスフリーになる方法by一悟術ヒーリング」6/21(金)@大阪府大阪…
PAGE TOP